ないですか??      夢と現実ごちゃまぜな時・・・


by BEERING
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カルマ


欲しいほしいと願っているときには絶対に手に入らないくせに




欲を棄てた途端

素知らぬ顔をして懐に滑り込む




卑怯じゃないか…




でも未だこの胸は甘く痛むよ












無意識で得たものはそのまま煙りの様に漂って消えていく




いまさらがむしゃらになんてなれないし、もうつかれちゃったし














全ては巡りめぐって還って往く
[PR]
# by BEERING | 2009-04-03 05:16 | 現(うつつ)

RED ROAD



真夜中



首都高湾岸線から左手に見える高層ビル群








人生の節目節目に思い起こす、ある小説のセリフ―


[人の造った物は美しい]

[自然は神。神の造ったものは最高のものに決まってる]

[神に近づこうとして、愚かな人間が必死になって考え、造ったものが一番美しい]









赤い光、光、光


無数に広がる黒く延びた四角い箱から刺す赤い視線









風を切るスピード感


胸にせまる焦燥感



此処にいることの意味を問われる













かれらはナウシロのオウムの眼の様で…


オウムは自然界の怒りだという





ビル群の赤い光は…



人間の存在への叫び、この世への嘆き、それでも強く生き抜こうとする意志なのか





自然を眺めるときの感動とはまったく別物の感情が湧き上がる。




人間のいとおしさ。

愚かで生々しくて熱い。






自分を守る為に硬く冷たく装ってみても

此の身体には赤くて熱いものが流れてるんだから、溢れだしてしまう愛があるんだから。



抗うことはやめようか。
[PR]
# by BEERING | 2009-03-23 09:30 | 現(うつつ)

番外編


私的な詩的ログとしてやってきたけどね

でもね

でもね今朝は

Highなのー!!!







…ハイ。


あー 

やっぱ

文字にしたら途端に冷静になっちゃった


朝日が眩し過ぎるんだって



二重の遮光カーテンでも漏れてくる現実




















24回目の誕生日に日付が変わった夜は


唯一無ニの存在と長電話できてすんげぇすんげぇ嬉しくて


友達からもなにやら可愛らしい画像の付いたメールが続々と届いて有り難くて


けど





あたしはひとりで












でもイマは

得意の

セツナテキなシアワセ


どっぷり溺れてみます

ぬくぬくの布団と

保証された安眠

もう何も要らない

欲しがらない







ココナッツの香りの中で眠れそう


おやすみか





a0062596_7373084.jpg

[PR]
# by BEERING | 2007-10-20 07:34 | 現(うつつ)

Birth




24年前、母さんがお腹を裂いてあたしを産出してくれた日。






そういえばこんなに静かに一人ひっそり迎える誕生日は初めてかな


なんだか感慨深いッス


なんだか泣きそうだよ



なんとか生きてきて良かった気がするよ まだ自分の価値なんて見い出せる程おこがましくはなれないけど







有難う



君が居てくれて佳かった





a0062596_21205194.jpg

[PR]
# by BEERING | 2007-10-17 00:00 | アタシ

miD night





眠れないの
















カーテンに透き通る下弦の月あかり







眠らない街に照らされ流れる雲の影










隣室の息遣い








a0062596_21104286.jpg

[PR]
# by BEERING | 2007-10-06 02:44 | 現(うつつ)

はみだしもの


世間でおねえキャラとかおねえ系っていわれる人達が話題を呼んでいて


こないだの選挙にもレズビアンをカミングアウトした女性議員が出ていて


友達にもそれに近しい人が何人かいるからか
自身の男女感について思うことが多くなって。





まずあたし自身、マイノリティの人達に対して何の偏見もないし


身近な友達からカミングアウトされた時はそれは驚いたけど、それまでの関係が変化することもなかった





基本、人見知りしない性分だけど、何故だか男性に対しての苦手意識が根本にあって


それが逆に出ちゃって後悔した経験も多々あるんだけど…


女性とは、相当相性が合わないなって感じない限り(感じても出来るだけ頑張ってみるけど…)、初対面から楽しくお喋りできるくらいの関係にはなれる気がする


あまりにそういう面での男女差が激しくて、もしかしてあたしもマイノリティなのかもな。とか感じたことが無きにしも非ずで





まぁ何を言いたいんだか解んないけども



人並みでないと不安になるし


人並み以上でないと満足出来ない



けど自分が  

この社会から、一般常識から外れるのは怖くて


でもみんなそんなもんだよ


ノーマルな人間なんていないんじゃない?






いろんなものを見過ぎて知り過ぎて

覚めちゃって

冷めちゃっててもさ




独りでは生きてけないのが事実で





だからひとりよがりはやめないと


信じて  甘えてみるのもいいかもよ






それをあたしにしてくれたら

もっといいかも
[PR]
# by BEERING | 2007-08-26 07:07 | 現(うつつ)

美しくかをる

a0062596_5333933.jpg



このBlog、あらためて読み返してみたら



暗っっ



まさに心の闇そのものだよー  

ネガチブパワー全開





ブログタイトル通り、相変わらず現実世界と夢世界を彷徨ってる日々ですが

自分が『生きている』ということを痛感している日々にもなっています



刹那的に生きているということに変わりはないけれど

大事なものをよりはっきりと意識してきて

時に、それほど重要じゃないものにも翻弄されてしまったりもするけど

でも失ってはいけないものだけは分かってる

得なければいけないものも







写真は春に実家に帰った時にみつけた一輪の赤い花




なんとなくだけど、この花みたいな咲き方がしたいと思ったんです
[PR]
# by BEERING | 2007-08-21 05:33 | アタシ

山彦


おーい





生きるのって





クルシイネ


クルシイネ






タノシイネ


タノシイネ
[PR]
# by BEERING | 2007-08-11 11:32

ピエロの涙




昨日一度だけ笑った



ただ愉しくて



可笑しくて





頭からっぽのまんま笑えたのいつぶりかなぁ











毎日笑ってる



頭の中にぎっしりの打算で



自分の笑い声が卑しく響く















いつからこんな笑い方しか出来なくなったんだ
[PR]
# by BEERING | 2007-08-11 11:24

まぶたの裏側



暗い湖の真ん中に浮かんでいます




ボートに仰向けになって眼を閉じて










どこかの岸に辿り着くことはきっとこれからもないんでしょう 














只、濃い濃い青の中に浮かんで 
[PR]
# by BEERING | 2007-08-11 11:23